kv01

kv01_sp

あしなが育英会

あしなが育英会は、保護者が亡くなったり、著しい後遺障害のため働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。東日本大震災により親を失った子どもたちの心のケアや自立支援も継続的に行っています。「暖かい心」「広い視野」「行動力」「国際性」を兼ね備え、社会に貢献するボランティア精神に富んだ人材を育成することを目的とされています。
ベビーアンドミーは、チャリティ販売の売上金10%をあしなが育英会に寄付いたします。

block00_img01

プレーパークせたがや

プレーパークは、「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーとした遊びの場です。
NPO法人プレーパークせたがやは、子供が成人に成長する過程で必要とする、自然との触れ合いや好奇心の解放、人間形成に必要なことを、提供する団体です。各プレーパークは、責任者スタッフが常駐し、単に子どもと遊んだり、遊びの環境を整備したりするだけでなく、地域の人と人を結びつけるコーディネーターの役割も果たしています。悩みを抱える親や思春期の子供の、相談の場にもなっています。
ベビーアンドミーは、この目的に賛同し、協賛を通じて応援しています。

block02_img_sp

子育て応援とうきょう会議

子育て応援とうきょう会議とは、子どもたちが心身ともに健やかに育つことができるとともに、子どもを産み育てたいと望む人たちが安心して子育て出来る環境を整備することは、社会全体で取組まなければならない重要な課題です。このため、様々な分野の関係機関・団体が連携しながら、社会全体ですべての子どもと子育て家庭を支援することのできる東京の実現に寄与することを目的に設置された会議体です。
ベビーアンドミーは、この目的に賛同し、共同会員に登録し、ヒップシートキャリアの試着体験やチャリティ販売を実施しています

block00_img01

子供未来センター 秋田

秋田県鹿角市にある「子ども未来センター」にヒップシートキャリアをプレゼントいたしました。秋田県鹿角市は、1人の女性が生涯に出産する子供の数を示す合計特殊出生率が秋田県内ナンバー1という、秋田県内で最もすぐれた子育て支援や制度を設けている市です。
なかでも「こども未来センター」は、地域全体で子育てを支援する基盤を形づくるとともに、子育て家庭における多様な託児ニーズに対応し、仕事と育児の両立を支えながら、子どもを育てながら安心して働くことができる環境づくりを支援しています。

ベビーアンドミーは、この考えに共感し、「こども未来センター」にヒップシートキャリアをプレゼントいたしました。数に限りがありますが試着や無料貸し出しを行っています。

block01_img01

子育て支援とうきょうパスポート

「子育て応援とうきょうパスポート事業」は、東京都が、子育てを応援しようとする社会的機運の醸成を目的として推進している事業であり、企業・店舗等が、善意により、子育て世帯や妊婦の方に対して、様々なサービスを提供する仕組みです。

ベビーアンドミーの直営店(五反田TOC店)は東京都が指定した協賛店として、子育て支援とうきょうパスポートを持参した皆様に様々なサービスを提供しています。

block02_img_sp

子育て支援センター 長崎 五島

子育て支援センターは、子育て家庭の親とその子どもが気軽に集い、打ち解けた雰囲気の中で語り合い、相互に交流を図る場を提供するとともに、子育てに関する相談や援助、地域の子育て情報の提供などの様々な活動を市の委託事業として行っている施設です。

ベビーアンドミーは2016年8月から、「子育て支援センター」内にヒップシートキャリアの無料貸し出しを行っています。

block01_img01
logo02